東京読書交換会は、不要な本を持ち寄って、お互いの本を交換する集まりです。

東京読書交換会(読書交換会@池袋)

東京読書交換会 vol.106

活動報告

東京読書交換会vol.106の活動報告。2020年6月20日(土)はオンラインイベントでした。

投稿日:

2020年6月20日(土)開催、東京読書交換会vol.106の活動報告です。

前回に引き続きオンラインで開催いたしました。
ちほさん、かねちゃん、たけのしたさん、あやのさんどうもありがとうございました。

いつものように本を交換することはできません。
読書経験を交換する、という趣旨でやりました。ウェブ会議ツール「ズーム」で集まりました。

ひとりひとり本を紹介し、互いに感想を述べあいました。

【登場した本】

〇ちほさん
藤木稟著 「バチカン奇跡調査官」シリーズ(現在19巻まで) 角川ホラー文庫

〇かねちゃん
吉田利宏著「法律を読む技術・学ぶ技術] ダイヤモンド社

〇たけのしたさん
賀東招二著「フルメタル・パニック」シリーズ KAODOKAWA

〇あやのさん
辻信一著「英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業」講談社

〇うすむら
アービンジャー インスティチュート著 大和書房
「自分の小さな『箱』から脱出する方法」「管理しない会社がうまくいくワケ」
The Arbinger Institute著 "The Outward Mindset: Seeing Beyond Ourselves" Berrett-Koehler Publishers

映画に絡めた本を紹介してくださった方がいて、その映画の予告編をみなで少しみました。画面を共有できるのが興味深かったです。

それぞれが思い入れのある本をお持ちくださったため、自身を振り返るよいきっかけにもなりました。ネットでつながっているけれど、実際にはひとりでいると、どこか内省している気がします。

とても楽しかったです。どうもありがとうございました。

みなさまお元気でいらっしゃいますか?

読書交換会、2020年6月の活動報告と次回以降のお知らせです。

vol.105・6月5日(金)、vol.106 6月20日(土)、ともにオンラインで開催いたしました。お互いの読書体験を紹介しあいました。

ご自宅はもとより、ご実家やファミレスからご参加くださったり、オンラインならではの展開がありました。動画をみなで一緒にみたりも興味深かったです。

本を持ち帰れないのは残念なのですが、お気に入りの本をご紹介いただいているので、1冊1冊の紹介が深く、印象に残りますね。みなさんの感想をお聞きすることによって、実際に本を読んだかのような感慨がありました。

また自分自身は紹介するために本を読み直したり、またインプットをもらうことによって、今までとは違った角度から本について考えるきっかけになりました。

今後の読書交換会は7月3日(金)オンライン、7月18日(土)は久しぶりにとしま産業振興プラザ(ike biz)で開催いたします。

絶対に今までのやり方で、絶対にオンラインでというこだわりはありません。

今この段階で、一度再起動を試みることが大切だとおもいました。なので再起動をかけます。やってみるとわかることもあるかなとおもいました。

先日ご参加くださった方ともお話したのですが、今のところ、今後はオフライン・オンラインを両方開催していく形がいいのかもしれないとおもっています。

実際にお会いしての読書交換会開催につきまして、会場から安全のための要望をいくつかいただいております。毎回毎回考えながら、開催していければと存じます。

※8月の平日開催については検討中で、8月22日(土)に同じくike bizを予約してあります。

引き続き、読書交換会をよろしくお願いいたします。

-活動報告

Copyright© 東京読書交換会(読書交換会@池袋) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.